ブルーで生まれる統一感

ブルーで生まれる統一感

ジャンリシャールは新しい視野と展望を見出すことを追求し、他にはない特別な個性を求めて作られています。ジャンリシャールの洗練されたこのブルーの新作テラスコープを身につければ、女性も男性も、共に新たな冒険に今にも旅立つことができます。2015年の初めに39mmモデルを発表したのを受け、スイス高級腕時計メーカーとしてバーゼルワールドに向けて新たな44mmのブルーのモデルを発表します。新たな土地や文化にふれるための冒険のチャンスは今、独立心と探究心を表すタイムピースとともに、まさに始まり、無限に続いていきます。 

新しいブルーのテラスコープのダイヤルが持ついきいきとした雰囲気は、ジャンリシャールでは初めて試みるイノベーションにより誕生しました。鮮やかなテクスチャー感のあるダイヤルには立体感があります。コレクションのルーツをさかのぼり、刺激的な側面がたどりつくのは地球そのものの世界。ダイヤルは特殊技術で処理されています。刻印入りの表面は、電気のスパークを使用して目的のフォルムに作り上げるという独特な製造過程から実現しました。ダイヤルの素材にはラッカー仕上げの真鍮を選びました。 

ブルーはスタイルを決して損なわない色調です。39mmのモデルと新作の44mmのモデルのブルーのテラスコープのコンビネーションで展開する、用途の広いこれらの2つのモデルは、非の打ちどころのない完璧なペアです。現代を象徴するシルエットが美しいこれらのテラスコープは、ポリッシュ仕上げとバーティカル(垂直)・サテン仕上げのステンレススティール製ケースを特徴とし、ブルーのダイヤルにはロジウムコーティングを施したサスペンディッドインデックスとレッドのセコンドインデックスが備えられています。大型のモデルにはブルーのラバーストラップを採用し、バンド部分には細い溝とJRのロゴをあしらいました。39mmのモデルは両面リバーシブルのラバーストラップを採用し、片面はブランドを象徴するジャンリシャールらしいルックスを特徴とし、裏面は"Rubbergator"(ラバーゲーター)仕上げとなっています。こちらの新作タイムピースには、オーストリッチス                         トラップも付属しています。すべてのモデルに着け心地を格別にするフォールディングバックルを使用しています。

そのほかにも、テラスコープにはアイコン的機能があります。ブランドを永久に象徴するデザインを完璧に仕上げているのは自動巻のムーブメントJR60。なお、39mmのモデルには、内部のディテールや熟練職人の技巧を眺められるサファイヤクリスタル製ケースバックが付いています。

印象的なテラスコープのモデルは、世界中の腕時計愛好家に向けてどのサイズの手首にも合うようにデザインされています。ブルーで統一されたスタイリッシュな外観で、見事なマッチングの技が光ります。